HOME>コインランドリー>ラグマットはコインランドリーで洗濯するのが一番ふわふわになる!
ラグマットはコインランドリーで洗濯するのが一番ふわふわ

ラグマットはコインランドリーで洗濯するのが一番ふわふわになる!

Pocket

テーブルの下やこたつに敷くラグマットは、床に近い分汚れやすく素材の関係から洗濯がしにくい特徴があります。

毛量が多いことから掃除機をかけてもゴミが取れにくく、時間がたつと衣類のボリュームがしなびてしまいます。例え一般家庭用の洗濯機を使っても、ラグマットは大型であることから十分に汚れを落とす馬力がありません。

また、自然乾燥しても、熱量が小さいため繊維はしっとりした仕上がりになってしまいます。

ラグマットを細部まで綺麗に、買った時のようなふわふわを実現したい場合は、コインランドリーで洗濯するのが一番うまくいく方法です。

コインランドリーマンマチャオ

家庭用洗濯機では上手くいかない理由

家庭用洗濯機では上手くいかない理由

ラグマットは大型の繊維物であることから、服やタオルといった小型の衣類を洗うために作られた一般家庭用洗濯機では十分に汚れを落とすことができません。大型のラグマットである場合、そもそも家庭用洗濯機には入らないことがあります。

上手くいかないと、汚れと水分が混ざるだけで乾かしたときに汚れが目立ってしまう場合もあります。

その状態で外で乾かしても、汚れが十分に落ちていないこと、熱量が小さい温度で乾かしていることから繊維はしなびた状態で乾燥されます。

コインランドリーの洗濯機には布団や大型衣類に対応した洗濯機が用意されていて、一回の洗濯で十分に汚れを落とすことができます。

・洗濯機を使わない家庭でラグマットを洗う方法は?

ラグマットは2畳程あるので、家庭用洗濯機では入らなかったり、入っても十分に洗えない場合が大半です。

そんな時は手洗いしかありません。お風呂場にラグマットを移動させ、シャワーで全体をすすぎます。洗剤を馴染ませ、手で洗い、それを全体に行います。その後、全体をすすぎ洗剤を落とします。そこから、柔軟剤を全体にかけ、再度すすぎ脱水し干します。

そこからは数時間乾燥させて完了です。

・コインランドリーの大型洗濯機が素晴らしい理由

ラグマットのような大型衣類は、家庭用洗濯機よりもコインランドリーにある大型洗濯機を利用したほうが良いです。

なにより面倒くさくないのがコインランドリーの利点です。コインランドリーの洗濯機であれば、面倒な工程をすべて飛ばすことができます。

ラグマットの大きさや素材によっては数日間乾かすのに時間がかかる場合があります。コインランドリーの洗濯機であれば、大型であることからこれらの工程をすべて洗濯機に委ねることができます。

大型洗濯機の洗いの馬力が家庭用のものとは段違いであり、ラグマット全体に水分と洗剤が行き渡ることで汚れをしっかり落としてくれます。

洗濯後は大型乾燥機を利用します。仕上がりのクオリティーと早さの面を考慮すると、コインランドリーの洗濯機はとても優秀であると言えます。

・コインランドリーだとよりふわふわになる

コインランドリーの洗濯機はラグマットの奥の方まで汚れを綺麗に落としてくれます。

また、温風で回転して乾燥させるためダニを死滅させたりハウスダストも吹き飛ばすので、衛生面においてもコインランドリーの機器は優秀であると言えます。

コインランドリーの乾燥機は高温乾燥を回しながら行うので、ラグマットのような毛量が多い衣類は均等に素早く乾くため、買った時のようなふわふわな仕上がりがその日の内に実現します。繊維一つ一つに熱が伝わるので、仕上がりも買ったときのようにふんわりした質感を再現してくれます。

ただし、大きすぎたり毛量が多いラグマットの場合、全体が乾ききらないことがあります。その場合には追加で乾燥させるか、一度取り出して向きを変えて再び乾燥機にかけてください。

ラグマットをコインランドリーで洗う手順

コインランドリーで洗う手順

コインランドリーに持っていく前に、まずはラグマットに掃除機をかけておきましょう。付着するゴミがある場合、汚れが広がってしまう恐れがあるためです。

目立つ汚れがある場合は手押しで汚れを落としておいてもよいです。気になる場合はその部分を覆い隠す程度の洗剤を付けておきましょう。

コインランドリーの洗濯機は殺菌機能が付いているので綺麗ですが、気になる人はネットを利用しても良いです。

折りたたんでもそのまま入れてもいいです。

洗いが終わったら、40分程度の乾燥を行います(大きさによって前後します)。

数時間でラグマットがふわふわで綺麗な状態になります。自宅で手洗いするより何倍も楽でクオリティーが高く洗えるので、コインランドリーを利用するのが効率的です。

・コインランドリーで洗濯する前に気を付けるべきこと

ラグマットによっては洗濯機や乾燥機が使えないものがあります。

ラグマットについている洗濯表示タグや製品タグを確認しておきましょう。また、糊付けされているものや裏地がゴム・樹脂素材を利用しているものも避けましょう。

手洗いしかできなかったり、洗濯機を使ってはいけない場合は、クリーニング屋さんに相談してみてください。

独断で洗濯機を使ってしまうと、生地が傷んでしまったり色が落ちたり、最悪機械が故障してしまうので注意が必要です。

ラグマットの普段のお手入れ

ラグマットの普段のお手入れ

ラグマットは汚れやすく汚れが落ちにくいという特性があるため、普段からお手入れをしておく必要があります。

掃除機は一度全体にかけた後、もう一度反対向きでかけなおしましょう。一度だけでは繊維が傾いているので、反対向きでもう一度吸い込むことで残っているゴミやほこりを取り除きます。

また、見落としがちですがラグマットの下も掃除機をかけましょう。ラグマットの下に掃除機をかけることで風が通り、湿気対策にもカビやダニを防ぐことができます。

水洗いが問題ないラグマットであれば、洗剤をしみこませた雑巾で毛並みに沿って拭くと清潔な状態を保つことができます。

びしょびしょにならないように、雑巾はきちんと固く絞ってっから拭くようにしましょう。

拭いた後は干します。干す時に変色の恐れがある場合は陰干しするようにしましょう。

毛足が長いラグマットの場合、乾ききっていない状態でブラッシングすると乾いたときに手触りが良い仕上がりになります。

・ラグマットは種類別で定期メンテナンスすることが大切

ラグマットをコインランドリーで洗濯するのは、定期メンテナンスの一種だと考えてください。

掃除機をかけ、ラグマットを拭く作業を定期的に行うのと同様、定期的にラグマットを洗濯機で水洗いしてください。

クリーニング屋さんにラグマット洗濯を頼む場合というのは、どうしても取れない汚れがある場合か素材によって水洗いできない場合です。

また、年に数回クリーニング屋さんに洗濯を頼むことでより清潔で長持ちして使うことができます。

日々の作業として掃除機や雑巾がけ、定期的に丸洗い洗濯をし、年に1、2回クリーニング屋さんに依頼するといった習慣を付けておくと、ラグマットを長く綺麗に使用することができます。

【ラグマットのメンテナンス】

  • 日々のメンテナンス:掃除機や雑巾がけ・干す
  • 数カ月のメンテナンス:洗濯機にかけて丸洗い
  • 年に数回のメンテナンス:クリーニング屋さんに依頼

  • ラグマットをコインランドリーで洗濯する|まとめ

    ラグマットは部屋の床を占める割合が大きいので、ラグマットを綺麗な状態に保つことは部屋全体の印象が良くなります。

    より長持ちさせて清潔な状態にしておきたい場合は、定期的にコインランドリーの洗濯機で丸洗い・乾燥させるのがおススメです。

    それ以外でも自分でできるメンテナンスはこまめに行うことが大切です。

    気持ち良い空間を実現・キープさせるために、ラグマットを綺麗にしておきましょう!

    販売代理店募集中!