HOME>コインランドリー>羽毛布団の洗い方のコツまとめ!正しい洗濯の方法を徹底解説
羽毛布団の洗い方のコツまとめ!正しい洗濯の方法を徹底解説

羽毛布団の洗い方のコツまとめ!正しい洗濯の方法を徹底解説

Pocket

羽毛布団を持っているのなら、正しいメンテナンスや洗濯の方法については知っておくべきです。特に、正しい洗い方についてきちんと知っておかないと、思わぬトラブルを招いてしまう可能性があります。失敗のリスクを下げるという意味でも重要ですし、羽毛布団を長く快適に使い続けられるようにするためにも正しい洗い方を意識してみることをおすすめします。具体的にどのように洗濯するのが正しい方法なのかについて解説していきましょう。

羽毛布団の洗い方を把握している割合は?

羽毛布団の洗い方のコツまとめ!正しい洗濯の方法を徹底解説

羽毛布団の洗濯方法についてきちんと理解しているという人はどれくらいいるものなのでしょうか。布団自体の洗い方はなんとなくわかってはいても、羽毛布団は知らないという人はいるかもしれませんね。そこで、実際にはどうなのかを調査するため、アンケートを実施してみました。

【質問】

羽毛布団の適切な洗濯方法を知っていますか?

【回答結果】

知らない : 84

知っている : 16

調査地域:全国

調査対象:年齢不問・男女

調査期間:2017年11月13日~2017年11月20日

有効回答数:100サンプル

実はほとんどの人が知らない!?

なんと、100人中84人という多くの人が羽毛布団の適切な洗濯方法について知らないと答えていることがわかりました。

・コインランドリーやクリーニング店を利用しているので自分で洗濯する際の適切な洗濯方法までは知らない。(30代/男性/正社員)

・家で洗えるものだと思っていない。もし洗うなら布団屋さんなどに頼まないとダメかなと。(30代/女性/正社員)

・よく聞くのは、お風呂場で洗うというのを聞きますが、無難なのはクリーニング屋さんに頼む方がいいと思いますけど。(30代/女性/正社員)

知らないと答えた人の多くはコインランドリーやクリーニング屋の利用をしているため、自力で洗濯する方法がわからない傾向が強いようです。自分で洗濯するものだと思っていないという意見もあり、プロに任せるのが当たり前という認識でいる人も少なくなさそうです。

・大型のコインランドリーで洗濯と、乾燥をしっかり行う(30代/男性/正社員)

・羽毛布団についている洗濯方法の表示を読んだからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・テレビなどで見て知っているが、大がかりなのでなかなかできずにいる。(30代/女性/専業主婦(主夫))

一方で、知っていると答えた人はさまざまな方法について取り上げていました。大型コインランドリーを使う方法であったり、洗濯表示に従って洗濯する方法であったり、人によって洗濯のポイントは違うようですね。ただ、知ってはいても自力で洗濯するには敷居が高いと感じている人もいることがうかがえました。

調査の結果、知らないと答えた人が圧倒的多数でしたが、知っている人ははっきりと洗濯の仕方について理解していることも確かなようです。クリーニングに任せきりにするのではなく、自宅やコインランドリーで洗濯したい場合には把握しておくことをおすすめします。

羽毛布団を洗濯する3つの方法

羽毛布団を洗濯するには大きく分けて3つの方法があります。最も身近といえるのは、自宅での洗濯方法です。自宅で洗濯する方法としてはさらに細かく分けて手洗いと洗濯機の2つの方法があります。手洗いの場合はお風呂場で洗うのが一般的ですが、洗濯機は他の衣類とあまり変わらない方法で洗うことが可能です。どちらにするのかは好みの問題もありますが、基本的には洗濯表示タグの指定に従いながら洗うのが適切です。例えば、手洗い可という表示であれば、手洗いなら問題なくできるということですから、お風呂場で手もみ洗いをする方法を取るべきだといえます。洗濯機を使えそうな場合には、洗濯表示タグの指示に従いながら洗うようにしましょう。ただし、洗濯機に羽毛布団が問題なく入るサイズかどうかというのも重要なポイントとなります。無理矢理にでも詰め込まないと入らないような洗濯機のサイズであれば、手洗いにするのが賢明です。それから洗濯機を使う際には、傷まないように洗濯ネットに入れることを忘れてはなりません。おしゃれ着用の洗剤か布団洗い用の洗剤、つまり中性洗剤を使うようにしましょう。合成洗剤だと羽毛の品質を落としてしまうことになりかねないので注意しなければなりません。

2つ目はコインランドリーで洗濯する方法です。コインランドリーでは弱水流か手洗いコースを選んだうえで自宅と同じように洗濯ネットと中性洗剤を使うようにしてください。乾燥機にかける際にはきちんと乾くまで徹底しておきましょう。生乾きの状態だとシワやよれ、臭いの原因になりかねないのできちんと乾かしてから持ち帰ることをおすすめします。

最後に3つ目は、クリーニングに出す方法です。特別な手順は必要なく、他の布団と同じようにプロに任せるだけなので手軽です。ただし、ドライクリーニングだと羽毛の油分を余計に落としてしまい、フワフワ感がなくなってしまうので水洗いをしてくれるところに頼むようにしましょう。
詳しくは、「羽毛布団の洗濯方法マニュアル!洗う前の準備や洗うときのコツ」をご参照ください。

羽毛布団を洗濯する頻度はどれくらいがベスト?

羽毛布団はどれくらいの間隔で洗濯するのかという頻度が重要となります。適切な頻度については諸説あり、厚生労働省が提示しているホテルや旅館に対する布団の手入れに関する頻度は半年に一度以上の丸洗い、布団メーカーは汚れが目立ってきたら、クリーニング屋は2~3年に一度といったようにバラバラです。徹底的にメンテナンスしたいのであれば、普段から洗濯する頻度については月に一度程度、あとの特別なメンテナンスとしてクリーニング屋で数年に一度程度で問題ないでしょう。洗いすぎてしまうと逆に羽毛布団が傷みやすくなるので、あくまでも適切な頻度を守ることが大切なポイントとなります。頻度を無視してしまうと羽毛がよれてしまいやすくなりますし、布地が破れてしまう可能性も高くなるので注意しなければなりません。

ただ、紹介した頻度についてはあくまでも参考程度として目安にすることをおすすめします。なぜなら、使用する環境や使用する人、使用する頻度や布団自体の元々の品質など、さまざまなポイントによる影響の違いでどれだけの期間で羽毛布団の洗濯が必要となるかは全く異なるためです。1年に一度しか洗わなくても問題ない人もいれば、2週間に一度は洗わないとすぐ汚れてしまう人もいます。どれくらいの間隔で汚れていくものなのかを意識しつつ、羽毛布団を傷めることのない頻度を配慮しながら適切な間隔を掴んでいくようにしましょう。
詳しくは、「羽毛布団の洗濯頻度!適切なのはどれくらい?」をご参照ください。

洗濯で羽毛布団から臭いが出てしまう原因と対策

洗濯することによって羽毛布団から臭いが発生してしまうというケースは決して珍しいことではありません。頻繁にあるというわけではないですが、洗濯することによって臭いが出てしまうことはあるものです。

主な原因として挙げられるのは、羽毛布団の品質の問題です。海外製の羽毛布団は国産のものよりも品質が低い傾向にあるため、臭いも発生しやすくなっています。特に、中国産のものは量産型の羽毛布団であるため、強い獣臭が発生することがあるので注意したほうがいいでしょう。羽毛布団に使用している羽毛がグースかダックかという点でも臭いの差は出てきます。ダックのほうが臭いは発生しやすいので、使用している羽毛について明記されているようならチェックしておくことをおすすめします。このような品質の問題から洗濯をすることで臭いが発生してしまうというわけです。

洗濯だけではなく、使い方が原因で羽毛布団が臭くなってしまうケースもあるので気をつけましょう。例えば、保存方法が悪い、布団カバーをつけないで使っているなどの場合、どうしても臭いはこもりがちになります。通気性の悪い場所で長期間保管していると獣臭さが出やすいです。ビニール袋や圧縮袋などの密封性の高い袋にしまっていると臭いを発生させやすいので注意しましょう。
詳しくは、「羽毛布団を洗濯したら臭いが!獣臭の発生原因と対策方法」をご参照ください。

羽毛布団の洗濯で失敗を避けるための方法

羽毛布団の洗濯で失敗しないようにするためには、正しい洗濯方法を心がけるのが鉄則です。間違った洗い方をしてしまうことによって、羽毛布団がよれてしまったり、破れてしまったり、フワフワ感がなくなってしまったりといった問題が生じるものです。このようなトラブルを避けるためにも、正しい洗い方をマスターしたうえで実践するのがおすすめです。

コインランドリーで洗う方法としては、まずキルティング加工がされているものだけを洗うことがポイントとなります。ドラム式で回転させる仕様であるため、洗濯機で回すとなるとどうしてもよれてしまいやすくなります。キルティング加工がされていないと余計によれてしまうので、加工されていないものに限ってはクリーニング屋に頼むほうが望ましいです。中性洗剤を使うのもポイントになります。合成洗剤では羽毛の油分を余分に落としてしまうので、羽毛のフワフワ感や適度な通気性が保たれなくなってしまいます。また、洗濯をする際には弱水流や手洗いコースにすることも忘れないようにしましょう。布団への負担を考えて、ダメージを与えないように洗濯をすることが失敗を避けるための最適な方法です。

もし失敗してよれてしまったとしても布団屋で打ち直しをすることもできます。しかし、余計に費用がかかってしまうことになりますから、なるべく失敗しないように努めることを忘れないようにしましょう。
詳しくは、「羽毛布団のトラブル!洗濯で失敗する原因と対策方法」をご参照ください。

正しい洗い方で羽毛布団を長持ちさせる!

羽毛布団の洗い方のコツまとめ!正しい洗濯の方法を徹底解説

正しい洗い方ができるかどうかというのは、羽毛布団の寿命に直結する問題です。間違った洗い方をすればそれだけダメージを与えやすいですし、破れたり、よれたりする原因にもなります。そこまではいかなくとも快適に使うことができないような状態になってしまわないとも限りません。まるで新品の羽毛布団のような状態を長く保ち続けるためにも、適度な頻度や適切な洗い方を意識しつつ、正しい洗濯方法を実施してみることをおすすめします。
羽毛布団の洗濯方法マニュアル!洗う前の準備や洗うときのコツ

清潔で安心!環境にも優しいmammaciao(マンマチャオ)のコインランドリーはこちら

販売代理店募集中!