HOME>コインランドリー>毛布は何枚洗える!?コインランドリー事情

毛布は何枚洗える!?コインランドリー事情

Pocket

幼い子どもやペットが粗相をするというわけでもない限り、毛布は頻繁に洗うものではないですから、たまのお手入れとして一気に複数枚の毛布を洗濯したいという家庭は多いのではないでしょうか?クリーニング感覚でコインランドリーを利用する場合も何枚か一気に洗いたいものですよね。しかし、正確に何枚なら一度に洗えるものなのか、利用した経験がなければわからないものでしょう。そこで、コインランドリーの毛布の対応容量についてまとめました。

そもそもコインランドリーで毛布は洗えるの?


そもそもの疑問点として、コインランドリーで毛布を洗えるのかという不安を拭えない人は少なくないかもしれません。洗濯したいときは毎回クリーニング屋にお願いしていたという人はなおさら疑問ではないでしょうか?どんな毛布でも洗えるというわけではありませんが、水洗い可であれば基本的にはコインランドリーでも問題なく洗えるので心配する必要はないでしょう。毛布に付いている洗濯タグに記載されている項目を見れば、水洗い可であったり、タンブラー禁止であったりといったような表示がされています。
素材としては綿や化学繊維でできたものであれば、基本的にコインランドリーで洗うことは可能であると覚えておくといいでしょう。逆に、洗えない代表的な素材としてはウールが挙げられます。天然素材のウールは熱に弱くてデリケートであるため、コインランドリーの利用には不向きです。水洗い可であっても洗濯ができるだけで、乾燥機にはかけられないので注意しましょう。無理に乾燥機を使ってしまうと縮みや傷みの原因になりますから利用は避けなければなりません。洗えない毛布はクリーニングを依頼し、洗えるものに関してはコインランドリーを利用するといった使い分けをしてみることをおすすめします。

コインランドリーで毛布を洗う!使い方の基本は?

コインランドリーで毛布を何枚か洗う場合、ドラムのなかで絡んでしまわないように「屏風たたみ」にし、綺麗に入れてから回すのが適切です。乱雑に入れてしまうと取り出すときに大変になってしまいますし、何よりも乾きが悪くなってしまう可能性も高くなります。乾燥機の熱が全体的に均等に行き渡るように入れ方には気を配りましょう。また、生乾きにならないように乾燥時間を長めにすることで確実に乾かせます。ただし、乾燥機をかけ過ぎてしまうと生地が傷んでしまうことになりかねませんし、時間が長引けば支払う料金も増えますから、乾かすのに適切な時間の範囲内に留めることが大切です。
洗濯機や乾燥機の使い方自体は、衣類を洗うときと何ら変わりません。コインランドリーによっては布団や毛布専用の洗濯機と乾燥機を用意しているところもありますが、それでも使い方自体は同じです。洗濯物を投入し、フタを閉めたらコインを入れてスタートさせるというシンプルな方法になります。機械が動き始めたら、あとは終わるのを待つだけです。乾燥の場合は、こまめに毛布の乾き具合を見ながら利用するように心がければ、トラブルになるリスクを最小限に抑えられるでしょう。

イメージ調査!毛布は何枚まで乾燥できるもの?


コインランドリーの乾燥機は大容量であるため、ひとつの機械でも何枚かの毛布を乾燥させることが可能であるのは確かです。しかし、具体的に何枚に対応しているのが常識的なのでしょうか?ここでは、枚数についてのイメージ調査を行いました。

【質問】
コインランドリーでは1つの機械で毛布を何枚乾燥できると思いますか?

【回答結果】
1~2枚 : 165
3~4枚 : 65
5枚以上 : 6

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年09月05日~2017年09月12日
有効回答数:236サンプル

一度に乾燥できる毛布は1~2枚が一般的!

なんと236人中165人が1枚~2枚と回答しており、3枚~4枚は65人、5枚以上に関しては6人のみという結果となりました。

・毛布の大きさと乾燥機の容量を考えると1枚かせいぜい2枚だと思う。(50代/女性/専業主婦(主夫))
・たくさん入れたら乾燥するのに時間がかかる。(40代/女性/正社員)

乾燥機の容量と毛布の大きさを見て1枚~2枚が限度だろうと予測する人が多くなっていました。多く入れたら乾燥時間が長くなることを心配している声もありましたし、1枚~2枚だけに留めて利用するのがベストなのかもしれません。

・乾燥マシンの大きさにもよるけれど、12キロで4枚くらいが妥当かと。(40代/女性/個人事業主・フリーランス)
・私は2枚までしか入れたことがないけれど、いつも「もう少し入りそうだな」と思うので3枚~4枚はいけるのではないかと思います。(40代/女性/個人事業主・フリーランス)

1枚~2枚の回答と同じく乾燥機の大きさによるという意見がありました。それでも4枚くらいは入るというイメージがあるようです。また、実際に使ってみた意見として3枚~4枚入りそうに見えた人もいることがわかりました。

・25キロタイプで7枚やったことがあるため、そのように考えています。(30代/女性/専業主婦(主夫))
・毛布の種類と乾燥機のサイズにもよると思いますが、夏掛けなら、5枚は楽勝です。(50代/男性/経営者)

5枚以上の回答については、大容量の25キロタイプの乾燥機で7枚乾かした経験がある人がいました。夏掛けなら多くの枚数を乾かせるという意見もありましたし、薄手の毛布を容量の大きな乾燥機で乾かす場合には5枚以上というのも不可能ではないのは確かかもしれません。

総合的に見てみると、何枚乾燥できるのかは乾燥機の容量や毛布の厚さ次第であることがはっきりとしました。容量が大きいほど、それだけ多くの毛布を乾燥させられるということですし、毛布の枚数や厚さに応じて乾燥機のサイズを選ぶのが適切だと言えそうです。

何枚まで乾燥できる?重量によりけり!


どれくらいの容量の乾燥機を使用して乾燥させるべきかについては毛布の重量次第です。毛布の素材による部分もありますが、基本的には重さを基準に選ぶようにしましょう。仮に1枚の毛布にかかる重量が3キロだとする場合、14キロの乾燥機なら3枚~4枚程度、25キロの乾燥機なら7枚~8枚程度は対応できるということです。重さがそれほどないのに厚みのあるタイプの毛布もありますから、臨機応変にどのサイズを選ぶべきかを考えていく必要はありますが、これくらいの量を目安に考えてみるといいでしょう。
乾燥させたい毛布の数がとても多くて容量が大きくなってしまう場合、乾燥機に無理やり入れてしまうと乾きが悪くなる可能性が高くなります。表面は乾いていたとしてもドラムの中心部分には熱が伝わりにくく、そこだけ湿ったままになるケースは珍しくありません。量が多いときは無理やり詰め込むのではなく、少し余裕を持たせるのが適切です。コンランドリーによってはフタの部分に容量の上限ラインが記されていますから、それを守りながら入れていけば間違いありません。適切な量では入りきらない場合は、乾燥機を2つ利用してみたり、すぐ乾かしたい毛布を選んだりするようにしてみましょう。

乾燥機に無理やり詰め込まないのがコツ!

少しでも多くの毛布を乾かしたい、あるいは料金を安く済ませたいという気持ちから無理に多く詰め込んでしまう人は要注意です。そうすることで逆に毛布が乾きにくくなりますし、一部分だけが生乾きになってしまうこともあるので、乾燥機の容量に合わせた枚数の毛布を乾燥機にかけるべきだと言えます。たくさんの毛布を無理やり詰め込むのではなく、乾きやすさを考えた正しい量を意識しながら利用するよう心がければ、毛布をスムーズに乾かすことができるでしょう。
関連記事:「毛布の洗濯と乾燥にはコインランドリーがおすすめ!洗い方のポイントを紹介

全国に店舗を展開するコインランドリーのmammaciao(マンマチャオ)とは?

販売代理店募集中!