HOME>コインランドリー>コインランドリーでの毛布の洗い方!準備や手順まとめ

コインランドリーでの毛布の洗い方!準備や手順まとめ

Pocket

毛布を自宅で洗うのでもクリーニングに出すのでもなく、コインランドリーを使用するのなら前もってやり方についてはチェックしておいたほうがいいでしょう。コインランドリーで毛布を洗うにはどんな準備をするといいのか、どのような手順で洗うものなのかといった洗い方を把握しておけば、初めてでもスムーズに利用できるものです。衣類よりも持ち運びが大変な毛布だからこそ、失敗してしまわないように具体的な利用方法を学んでいきましょう。

コインランドリーで毛布を洗うために!必要な準備は?

コインランドリーで毛布を洗うとき、特別な準備として毛布以外に何かを用意するということはありません。ただ、コインランドリーによっては洗濯の際に洗剤を用意しなければならないこともありますので、そこは確認しておきましょう。必要な場合は自宅から持っていくか、コインランドリー内で購入すれば問題はないです。また、柔軟剤の香りにこだわりがあるようなら、乾燥機に使えるシートタイプの柔軟剤も持っていくといいでしょう。あとは意外と必要となることもあるのが小銭です。大抵は店内に両替機が設置されていますが、これもお店によってはない場合があるので利用するコインランドリーに設定されていないようなら100円玉を多めに用意しておくのが望ましいです。
それから利用前に確認しておくべき項目として挙げられるのは毛布の素材です。コインランドリーの洗濯機や乾燥機はどんな素材のものでも扱えるというわけではありません。アクリルやポリエステルは問題なく洗えますが、ウールはデリケートであるため利用できないので注意しましょう。素材だけではなく、毛布についている洗濯タグも見ておいてください。水洗いが可能という記載があれば問題なくコインランドリーの利用ができます。

毛布の洗い方と洗濯機のサイズは?


コインランドリーでの毛布の洗い方自体は布団や衣類と同じで、洗濯物をドラムのなかへと投入し、フタを閉めてからお金を入れてスタートさせるだけです。あとは終わるのを待つのみですから、特別な何かをしなければならないということはありません。強いて挙げるなら、洗濯が終わったあとは乾燥させなければならないため、乾燥機に移して再びフタを閉めてお金を入れ、スタートさせる必要があります。
ただ、注意しなければならないのが洗い方そのものよりも洗濯機のサイズ選びです。コインランドリーの洗濯機は8キロや14キロ、20キロといった具合にサイズが決まっています。どれでもいいというわけではなく、毛布の容量に合わせた洗濯機にしなければなりません。洗濯機も乾燥機も、サイズが合わないものにしてしまうと上手く洗えなかったり、なかなか乾かなかったりする可能性があります。慣れていないとどれくらいの容量が適切なのかわかりづらいものですから、店内の案内表示を参考にサイズを選ぶようにしましょう。14キロなら毛布2枚、20キロだと毛布3枚というのが一般的な目安です。お店が扱っている機械によって違う可能性もあるので最初は必ず案内表示をチェックするようにしてください。

どうやって洗濯するのが普通?毛布のコインランドリー利用方法


コインランドリーで毛布を洗うとなると、洗濯から乾燥まで済ませる方法と、自宅で洗濯は済ませてきて乾燥機だけを利用する方法の2つがあります。毛布の場合はどちらの方法を取るのが一般的なのでしょうか?アンケートを取り、実態を調査してみました。

【質問】
毛布を洗うのにコインランドリーを利用する場合、次のうちどちらの方法を選びますか?

【回答結果】
洗濯と乾燥をする : 187
自宅で洗濯して乾燥だけにする : 57

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年09月05日~2017年09月12日
有効回答数:244サンプル

大半は洗濯と乾燥の両方をするもの!

なんと非常に多くの人が「洗濯と乾燥をする」と答えているという結果となりました。

・両方その場でしないと持ち運びが大変だから。(20代/女性/パート・アルバイト)
・家の洗濯機だと毛布が入らないため。(40代/女性/パート・アルバイト)
・一緒にまとめたほうが効率よく洗濯できるからです。(20代/男性/パート・アルバイト)

最も目立った理由は毛布の持ち運びが大変だからというものでした。自宅で洗濯をしてコインランドリーで運ぶとなると重さがあるためか、避けたいと思う人が多いと考えられます。また、自宅の洗濯機では毛布が大き過ぎて洗えないことを理由に挙げている人も複数いました。自宅で洗いたくても洗えない場合のコインランドリー利用では、必然的に洗濯と乾燥の両方をするしかないのかもしれません。効率よく洗濯できるからと答えていた人もいましたし、手間を減らしたいのなら洗濯機と乾燥機両方を利用すべきだと言えそうです。では、少数派になった「乾燥だけにする」と答えた人の回答を見てみましょう。

・少しでもコストを抑えるために自宅で洗濯します。(30代/男性/正社員)
・コインランドリーを利用しているあいだは目を離せないので、コインランドリーを利用する時間をできるだけ少なくするために自宅で洗濯しておきます。(40代/女性/無職)
・自分流の洗濯をして、綺麗にしてから運びたい。(30代/女性/無職)

こちらはコストを抑えたいという主張が強いようです。コインランドリーの利用料金を少しでも安くしたいという場合には、乾燥機だけの利用にするのが効果的なのかもしれません。料金以外にも利用時間の削減をしたかったり、洗い方にこだわりがあったりする場合には自宅で洗濯してからにしたい傾向にあることがわかりました。

調査の結果、大半の人が毛布をコインランドリーで洗う場合は洗濯機と乾燥機の両方を利用することがはっきりとしました。料金や時間を削減したい、あるいは洗濯の仕方にこだわっているというわけではないのなら、手間をかけないために両方利用するようにしたほうがいいのかもしれません。

毛布を洗うときは要注意!乾燥時に気をつけるべきこと


毛布をコインランドリーの乾燥機にかけるとき、いくつか注意しなければならないことがあるのでポイントをおさえておきましょう。まずは基本的なポイントになりますが、タンブラー禁止の毛布は乾燥機にかけないようにすることです。禁止と書かれているにも関わらず乾燥機を使用してしまうと、毛布が傷んでしまったり、縮んでしまったりするといったトラブルに見舞われる可能性があります。あくまでも自己判断で乾燥機にかけるのであれば、乾燥時間を短めにして利用するのが望ましいでしょう。温度設定ができるような乾燥機の場合は低温で乾燥機にかけると縮みにくいです。
また、乾燥し過ぎないようにすることも大切になります。生乾きがないように徹底的に乾かすとなると、どうしても乾燥時間を長めにしがちですが、これも十分に注意しなければなりません。過乾燥になると起毛部が絡まってしまい、毛布にあった本来の温かさが失われてしまいます。触り心地もフワフワとしていたものがゴワゴワとしてしまう可能性もあるでしょう。乾燥のし過ぎは毛布がダメージを受けるだけではなく、発火の原因ともなり得ます。安全に利用するためにも適切な乾燥時間を意識しましょう。

洗濯から乾燥までがスムーズ!ふかふかで綺麗な毛布にしよう

コインランドリーを上手に使いこなせれば、毛布の洗濯や乾燥がスムーズに行えます。家庭で洗って乾かすよりも遥かに早く、ふかふかで綺麗な毛布にすることもできますし、正しい洗い方を覚えておけば、毛布を痛めてしまう事態も避けられるでしょう。基本的な使い方は衣類を洗うときと同じですし、同じ機械を使用することになりますから、そこまで難しく考える必要はありません。機械のサイズ選びや毛布の素材などに注意しながら利用してみてください。
関連記事:「毛布の洗濯と乾燥にはコインランドリーがおすすめ!洗い方のポイントを紹介

全国に店舗を展開するコインランドリーのmammaciao(マンマチャオ)とは?

販売代理店募集中!