HOME>洗濯のコツ>砂が付いた衣服は洗濯機の故障の原因に!賢く綺麗に洗濯する方法
海辺ではしゃぐ子供たち

砂が付いた衣服は洗濯機の故障の原因に!賢く綺麗に洗濯する方法

Pocket

「ピーッピーッピー!!」

洗濯機から突然鳴り響くエラー音。そう、夏は洗濯機の故障が多い時期なんです。

泥だらけになった子供の衣類や夏の海水浴で付着した砂などは、水に溶けない物質ですので、洗濯機の詰まりや故障の原因になります。

ここでは、砂が付いた衣類を賢く洗濯する方法をお伝えしていきます。

コインランドリーマンマチャオ

コインランドリーで洗うのが一番!

マンマチャオコインランドリー

早速結論を書いてしまうのですが、砂が付いた衣類を洗濯する一番いい方法は、

「コインランドリー」です。

家庭用洗濯機よりも大型なコインランドリーの洗濯機は、洗濯機と衣類との隙間ができやすいため、衣類に付着した砂をかき出しやすくなります。

また、洗濯槽の穴が大きく、かき出した砂を排出することも容易なので他の衣類に砂が移ることも抑制します。

砂の付いた衣類を家庭用洗濯機で洗ってしまうと故障の原因になりますし、コインランドリーに任せるのが一番ですよ!

【コインランドリーがおすすめなワケ】

  • 大型洗濯機で付着した砂をかき出す!
  • 砂を排出する力も強いので他の衣類への砂移りも少ない!
  • 家庭用は洗濯機の故障の原因になる!

  • 夏の砂汚れが起きる原因は?

    気温が高い夏は冬に比べて外で遊ぶ機会が多く、その分泥汚れ、砂汚れが衣類に付着しやすい時期です。

    ・海水浴

    海水浴で砂をつける女の子

    衣類に砂が付着すると言えば代表的なのが海水浴です。

    水着の繊維に砂が入り込んでしまうため、ポケットがない水着でも裏地に砂が付着してしまいます。

    ・子供の泥汚れ

    子供の泥遊び

    泥汚れと言っても最終的に残るのは砂です。保育園の砂遊びや中高生の部活動時の泥汚れ。

    海水浴と比較すると毎日砂を持ち込む可能性が高いので、主婦の方が毎日格闘しているのがこちらの汚れではないでしょうか。

    家庭用洗濯機で砂が付いた衣類を洗わないほうがいい理由

    何度も書いていますが、砂が付いた衣類を家庭用洗濯機で洗ってしまうと、故障の原因になってしまいます。

    洗濯機の構造上、最終的には水と一緒にほとんどの砂が排出されることになりますが、まとめて衣類を洗ってしまったり掃除をこまめにしていない洗濯機の場合は、砂が他の衣類に移ってしまったりバルブなどのパーツに付着しやすくなります。

    ・衣類に砂が残ってしまうと!?

    排出されない砂が洗濯機に残ってしまったら、次に洗う衣類に砂が移ってしまうことに。また、常に部屋干しのご家庭の場合、衣類が乾燥すると砂が落ちやすくなるため、部屋中が砂だらけなんてことも。

    なんだか服がチクチク痒いなと思ったら、洗濯機に残った砂が繊維に入り込んでしまったからかもしれませんよ。

    頑固な油汚れ!洗濯前に染み抜きをしてみよう

    自宅で砂が付いた衣類を洗うときは?

    どうしても自宅で砂が付いた衣類を洗いたい!って方は砂をできるだけ家に持ち帰らないようにすることを考えましょう。

    ちなみに車で海水浴に行った後、車内が砂だらけってことありません?それを考えると、砂を100%持ち帰らないってことはできないのであしからず。

    砂は不溶性の汚れ

    汚れには主に3種類あり、汗などの水溶性の汚れ、食べ物や口紅などの油溶性の汚れ、そして砂や泥などの不溶性の汚れです。

    水で溶ける水溶性の汚れに洗剤で落とす油溶性の汚れとは違い、不溶性の汚れは水にも洗剤にも溶けにくいため、洗剤を変えたり漂白剤を使用したからといって落とせる汚れではないのです。

    この「不溶性の汚れ」というのを頭にいれておくことが自宅で洗うときのポイントになります。

    ・砂は一度乾燥させ掃ってから洗濯機へ

    砂が付いた衣類をそのまま洗濯機に投入!ってことはせず、まずは乾燥させて掃うことを行いましょう。特にポケットなどは裏返しにするなどし、しっかりと取り除きます。

    泥汚れなんかも一度乾燥させてブラシで軽く擦ってあげることでかなり砂を落とすことができますよ。

    払い落す、ブラシで擦るなどのときはごみ袋を使ってその中で行うと、部屋に砂が広がらないので便利ですよ。掃除機を使って吸うのもオススメ。

    その後洗濯機に投入になります。

    ・泥汚れは固形石鹸で手洗い

    海水浴の砂であれば、汚れというよりも砂本体のみですので、払い落とすことだけになりますが、泥汚れの場合泥ジミを落とすこともしなければいけません。

    泥汚れの場合は乾燥させてある程度払った後、固形石鹸を使用しぬるま湯で手洗いします。

    不溶性である泥は洗浄力で汚れを取り除くのではなく、衣類から引き剥がすことが目的になります。

    その後、洗濯機に投入します。

    洗濯ネットを使うのもオススメ

    砂を通さないくらいの細かい目の洗濯ネットを使うのもオススメです。

    その洗濯ものには砂が残ってしまいますが、洗濯機に砂がたまることを防ぐことができますし、他の衣類に砂が移ることを防ぐこともできます。

    洗濯機に砂がたまってしまった場合は?

    洗濯機

    洗濯機に砂がたまってしまった場合は、地道に砂を取り除くしかありません。

    いずれは水圧によって取り除かれることになりますが、他の衣類に砂が付着して被害が大きくなるので、早めに取り除きましょう。

    掃除機で吸い取る

    洗濯槽の内部に砂がたまっているのが目視できるのなら、洗濯機で吸い取るのが一番です。できるだけ砂を吸い取り除去しましょう。吸い切った後は、ホースの水をかけて流してしまうのもおすすめ。

    何度か空洗いする

    一番水量の多い設定で洗濯物を入れず空洗いしましょう。フィルターや排水されるたびに砂が減っていくでしょう。タオルなどを入れてタオルにわざと付着させて取り除くのもおすすめですよ。

    まとめ|コインランドリーが自宅の洗濯機を痛めず楽♪

    冒頭に砂が付いた衣類はコインランドリーが一番とお伝えしました。

    砂が付いた衣類を家庭用洗濯機で洗ってしまうと、砂が洗濯槽にたまってしまい、洗濯機の故障の原因になりますし、洗濯槽に残った砂が次の洗濯物にも砂を付着させてしまうことにもなります。

    気温が高くなると外で遊びことも多くなりますし、夏休みには海水浴に出かけて砂を持ち帰ってきてしまうことでしょう。

    大型の洗濯機を使用するコインランドリーであれば、砂を払いのける力が家庭用洗濯機よりも強いですし、洗い流されやすいです。

    何より、洗濯機が故障せずに済みますしね。

    是非一度お試ししてみてくださいね。

    ※コインランドリーを使用する際もできるだけ砂を払ってから使用して下さい。

    販売代理店募集中!