コインランドリー・洗濯の情報サイト

衣服に付いた錆びを取りたい!洗濯前の染み抜きの方法とは

衣服に血液が付いてしまった!洗濯前の染み抜き方法とは
Pocket

衣服に付いてしまう染みの中で、食事中の油染みや汗染みなど普段の生活でおなじみの染みと、それほど日常では見ないタイプの染みがあります。錆による染みも、日常ではあまりお目にかからないタイプの染みです。しかし、錆が衣類に付いてしまう可能性は0ではありません。普段、あまり見ないからこそ、染み抜きの方法がわからなくて困ってしまうもの。そこで今回は、衣服に錆が付いた場合の染み抜きの方法を解説していきます。

洋服に鉄錆びが付いてしまった経験を持つ方はどれくらい?

衣服に血液が付いてしまった!洗濯前の染み抜き方法とは

実際に鉄錆が洋服に付いてしまった経験がある人はどのくらいいるのか、100人を対象に調査を実施しました。

【質問】

洋服に鉄錆が付いてしまった経験はありますか?

【回答結果】

はい:58

いいえ:42

調査地域:全国

調査対象:年齢不問・男女

調査期間:2018年01月05日~2018年01月12日

有効回答数:100サンプル

結構多い?衣服に鉄錆が付いてしまった人

調査の結果、「はい」と回答した人は100人中58人であることがわかりました。

・自転車のサドルの錆びが付いたことがあります。なかなか落ちなくてやっかいだった記憶があります。

なので、洗濯後は気にしないようにしていました。(男性/正社員/30代)

・塗装の剥げた金属製のベンチに座ったら、雨で湿っていたこともありベージュのジーパンに赤錆が付いてしまいました。(男性/個人事業主・フリーランス/40代)

これらの回答のほか、子どもが錆びたブランコに乗って付いてしまったケースなどがありました。それでは、「いいえ」の回答も見てみましょう。

・鉄錆に限らず汚れそうな物に触れるときは、腕まくりをするなど洋服につかないように細心の注意を払うので、鉄錆が付いた経験はありません。(男性/学生/20代)

以上の回答のほかは、錆びた物に触ったり近寄ったりする機会がない、という回答がほとんどでした。

大人でも鉄錆の汚れを衣服に付けてしまった人は多いようです。錆の染み抜き方法は覚えておいたほうが、衣服をきれいに維持できそうですね。

衣服に付いた錆… どんな性質を持っている?

衣服に付着しやすいのは、錆の中でも赤錆が多いです。赤錆は鉄が酸素や水に反応して起こる現象で、湿気の多い場所で鉄が水分にさらされると、表面から徐々に錆びはじめて中まで侵食していきます。子どもの衣服で赤錆が付きやすいのは、お腹やお尻の部分など。公園のブランコや鉄棒が錆びていると、その錆が衣服に付着してしまうことがあります。一方、大人の場合はバッグやネックレス、時計、ブレスレッドなどの金属部分が錆びてしまい、衣服に染みが付いてしまうケースがあります。付着しやすいのは襟元や袖口など。バッグの持ち方によってはお腹辺りやスカートのサイド部分に付着してしまうこともあるでしょう。赤錆に塩分や酸が加わると、赤錆はさらに加速します。装飾品の錆に気づかずに身に着けていると、汗や皮脂によってさらに錆部分が広がって、衣類に付着しやすくなってしまいます。このほか見落としがちなのが、銀イオン配合の消臭スプレーです。脇の臭いを抑えるときに使用するため、よくスプレーをする脇の下が黒ずむケースもあります。錆による染みは非常に落としにくく、洗濯しただけでは消えません。しかし、洗濯前に下処理をしておくと、かなりきれいに汚れを落とすことができます。

錆をきれいに落としきる方法とは

衣服に血液が付いてしまった!洗濯前の染み抜き方法とは

一般的な鉄錆は、酸性の溶剤で落とすのが効果的です。ただし、酸性度が強すぎると衣服を傷めるほか、万が一肌に触れると火傷をしてしまう恐れもあります。家にあって安全に染み抜きができる酸性のアイテムはクエン酸です。クエン酸粉末はドラッグストアで気軽に購入できるので、ぜひ探してみてください。まず、染み抜きのためのクエン酸溶液を作ります。40度のお湯にクエン酸を溶かしてかき混ぜればOK。クエン酸濃度はお湯に対して5%程度になるようにします。このクエン酸液に錆の付いた衣類を付けて、錆が落ちるまで待ちましょう。もしくは、クエン酸液を綿棒に取り、直接染みに塗りつけても落とすことができます。注意点は、動物繊維や色の濃い生地の染み抜きをする場合。綿棒で部分的にこすると生地が傷んだり色落ちしたりする可能性があります。まずは、衣服の目立たない部分で色落ちチェックを行って、生地に異常がでないかを確認してから染み抜き処理をしてください。動物繊維の場合は、クエン酸液に浸す処理のほうがおすすめです。クエン酸のみで錆の落ち具合が良くない場合は、クエン酸水に重曹を投入してみましょう。重曹の量はクエン酸と同じくらいでOKです。クエン酸+重曹水に錆で汚れている衣類を3時間ほど浸けてみてください。すっきり落ちたら普通に洗濯をして終わりです。

家にある物で簡単!錆を落とす方法

もし、家にも近くのお店にもクエン酸粉末がないなら、クエン酸が豊富なレモン汁で代用することもできます。ただし、クエン酸以外の成分による染みができてしまうケースも考えられます。レモン汁を使うときは染み残りに十分注意するようにしてください。また、酢と食器用中性洗剤を使用して鉄錆を落とこともできます。まず、酢と食器用中性洗剤を混ぜ合わせます。量は半々くらいか、4:6で食器用中性洗剤が若干多くなる程度にします。次に、衣類の錆部分を水で濡らしてください。その上から先程作った溶液を垂らして、歯ブラシで優しくこすりましょう。水できれいにすすいで、染みが残っているようなら先程の作業を数回繰り返します。染みが完全に落ちたら、ほかの洗濯物と一緒に洗濯機で洗って完了です。酢もクエン酸(食用)も、口に入れても差し支えはありません。漂白剤に比べれば刺激が弱く、衣類にも優しいのがメリットです。しかし、染み抜きをする前は必ず洗濯表示を確認するようにしましょう。水洗いができない衣類の場合、自宅で染み抜きをするのは危険です。色落ちや生地の傷みにつながり、お気に入りの洋服も着られなくなってしまいます。クリーニングに出して、錆汚れをしっかり落としてもらうようにしましょう。

しつこい錆び汚れも染み抜きできれいに

洗濯して落ちない錆汚れも、家の中にある物で下処理すればすっきりきれいに落とすことができます。クエン酸粉末は常備していなくても、酢や食器用中性洗剤は多くの家庭にあるのではないでしょうか?白や淡い色の洋服に赤錆が付いてしまうと、非常に目立ちます。落ちにくい錆汚れはその日のうちに落とすのが、洋服をきれいに保つコツです。特に子ども服は汚れる機会も多いので、しっかり染み抜きをして清潔にしておきましょう。
関連記事:「洗濯の時に発見してしまった!汚れ別の染み抜き方法まとめ

清潔で安心!環境にも優しいmammaciao(マンマチャオ)のコインランドリーはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント