コインランドリー・洗濯の情報サイト

洗濯物にしわができる原因とは?予防するためにできること

洗濯物にしわができる原因とは?予防するためにできること
Pocket

洋服は着たり洗濯したりすると、すぐにしわが付いてしまいます。きちんと畳んで収納しても、畳みじわができてアイロンがけが必要になるケースもあります。衣類はもともとしわができやすい性質がありますが、なぜすぐにしわが付いてしまうのでしょうか?特に洗濯後は衣類がしわくちゃになってしまい、伸ばすのに一苦労です。今回は、洗濯の際にしわができる原因を探り、極力しわを付けない方法、アイロンがけなしでしわを伸ばしていく方法を解説します。

しわにも種類がある?原因別に紹介

しわとは、洗濯や着用によって繊維に跡ができ、そのまま固まった状態を指します。繊維が乾いているより濡れている方がしわが付きやすく、その反面伸びやすくもあります。ここに熱が加わるとさらに繊維は変形しやすく、アイロンはこの原理を利用して衣類のしわを伸ばしています。洋服のしわの種類は2つあります。1つは着用じわ。洋服を着用している最中に起こるしわで、肘や膝などよく動く部分や、長時間座っているときにズボンやスカート、スーツの背中部分などに付きやすいです。繊維は横糸と縦糸を織り込んで作られています。よく動く部分は横糸と縦糸の位置がずれやすく、それがしわとなって残ってしまいます。特に綿や麻などの植物由来の天然繊維はしわが付きやすいので注意が必要です。もう1つは洗濯じわで、その名の通り洗濯中にできるしわです。繊維を形作っている分子の結合は、繊維が水を吸うことでバラバラにほどけてしまいます。洗濯物をしわくちゃのまま放置しておくと、水分が飛んでしわが定着してしまいます。着用して汚れた洋服は、洗濯をして着用する人がほとんどでしょう。洋服のしわを防ぐには、洗濯の仕方を工夫することである程度防ぐことが可能です。

洗濯じわができる原因とできやすい素材

洗濯じわができる原因は複数あります。洗濯じわを防ぐためにも、その1つずつを理解していきましょう。まず、繊維の種類によって、しわになりやすい素材があります。既に前述していますが、綿や麻など、植物由来の天然繊維は着心地が良い反面、非常にしわになりやすいです。洋服の洗濯表示を見ると素材がわかるので、洗濯前は必ず何の繊維を使っているのか、チェックをしてください。植物由来の天然繊維が100%ではなくても、手絞りマークの洗濯表示が付いている場合は、しわになりやすい衣類と判断して良いでしょう。洗濯物の量も、しわと関係があります。量が少なすぎると、洗濯機の中で洋服同士が絡まりあってしわになります。量が多すぎても衣類同士が擦れてしわになりやすく、色移りや繊維が傷む原因になります。洗濯機の説明書をよく読んで、適正の量を入れるようにしましょう。このほか意外と知られていないのが、しわと脱水の関係です。脱水の時間が長いとしわになりやすいです。通常コースの脱水の初期設定は、5~8分、製品によっては10分以上の場合があります。布巾を濡らしてから長い時間ギューっと絞るとしわが強く出るように、脱水も長すぎるのはよくありません。

洗濯後の衣服のしわ… 気になる人はどれくらい?

洗濯物にしわができる原因とは?予防するためにできること

洗濯したあとのしわは気になりますか?100人を対象にアンケートを実施しました。

【質問】

洗濯後の衣服のしわが気になりますか?

【回答結果】

はい:69

いいえ:31

調査地域:全国

調査対象:年齢不問・男女

調査期間:2018年01月05日~2018年01月12日

有効回答数:100サンプル

洗濯したあとのしわはやっぱり気になる!

アンケートの結果、100人中69人が洗濯したあとのしわが気になると答えました。

・洗濯機から洋服を取り出した直後はしわしわで、このままじゃ着られたもんじゃない!と思う。素材にもよると思うが、しわしわの服を着るのはだらしなく見えると思うため、乾かすときにはしわを伸ばしている。(女性/パート・アルバイト/20代)

・身だしなみや清潔感にしわのない衣類を着用しているか気にする人がいるからです。(男性/個人事業主・フリーランス/40代)

しわがある洋服はだらしなく見えるという声が多く、干すときにしわを伸ばしたりアイロンがけしたりする人が多いようです。それでは、しわは気にならないという人の意見を見てみましょう。

・服を購入するときにアイロンがいらないものをできるだけ選ぶようにしているからです。(女性/パート・アルバイト/40代)

・自分の服はしわになるような素材のものが少ないし、近所しか外出しないので、多少のしわも気にしません。夫のワイシャツは半乾きのうちにアイロンをかけるので、しわになりません。(女性/専業主婦(主夫)/40代)

しわが気にならない人は、しわになりにくい洋服を選んで購入しているため、しわをあまり気にしないようです。

どちらの回答でも、しわくちゃの洋服はあまり着たくないと思っているといえそうです。では、しわを作らない洗濯の仕方を見ていきましょう。

実践したい!洗濯じわをできにくくするポイントとは

洗濯物にしわができる原因とは?予防するためにできること

独り暮らしだと1日の洗濯物の量が少なくなりがちですが、しわを気にするなら洗濯物の量を増やしたほうが良いです。洗濯機の容積に合わせて、洗濯物の量を調節してください。また、洗濯ネットに衣類を入れて洗濯するのも効果的です。洗濯ネットに入れる衣類は基本1枚。衣類を3回畳んで入れられるくらいの大きさの洗濯ネットを使うようにしましょう。特に、洗濯物の量を増やせない場合は、洗濯ネットを使うことでしわを防ぐことができます。洗濯機のコースは通常洗いよりドライコース、もしくは手洗いコースがおすすめです。洗浄にかかる洗濯機のパワーや水流が弱めで、しわを防ぐほか、生地を傷めたり型崩れしたりするのも防いでくれます。もし、通常コースで洗う場合は、脱水回数を少なく、脱水時間を短く設定してください。脱水回数は3回程度、脱水時間は1分以内でOKです。もし、衣類を早く乾燥させたい場合でも、脱水時間は3分以内にしましょう。それ以上の時間をかけると、しわができやすくなります。脱水が終わったら、すぐに洗濯機から取り出して干してください。洗濯機の中に洗濯物を放置しておくと、水分が抜けるほどにしわが固定されていくので要注意です。

洗濯じわに悩まない!しわを予防しよう

洗濯中のしわ防止には、しわになる原因を知る必要があります。衣類にしわができる仕組みや伸ばす方法がわかれば、洗濯後のしわも必要最低限に抑えられるでしょう。洗濯中の注意ポイントの一つひとつは些細なことですが、洗濯じわは小さなことが重なってできるもの。それぞれのポイントを押さえて洗濯をするだけで、洗濯が終わったあとの衣類は見違えるほどきれいになるでしょう。
関連記事:「洗濯後に気になるしわ!原因と対策まとめ

清潔で安心!環境にも優しいmammaciao(マンマチャオ)のコインランドリーはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント