コインランドリー・洗濯の情報サイト

洗濯の時に発見してしまった!汚れ別の染み抜き方法まとめ

洗濯の時に発見してしまった!汚れ別の染み抜き方法まとめ
Pocket

衣服に付着した染みは、普通に洗濯をしただけでは取れないケースが圧倒的に多いです。最初は薄くて気づかなかった染みが、時間の経過とともに濃くなっていく場合もあります。衣服の染みをきれいにするには、どのような対策を取れば良いのでしょうか?今回は、洗濯前に行っておきたい染み抜きの方法について解説していきます。染みといってもその種類はいろいろ。染みの種類別におすすめの方法を紹介していきますので、消えない染みで諦めていた人はぜひ、参考にしてみてください。

洗濯後に気がつく悪夢… ボールペンのインクを染み抜きする方法とは

仕事中、ポケットに入れっぱなしにしていたボールペンに気づかず洗ってしまうと、洗濯後に衣類の染みに気がつくことがあります。ボールペンには油性と水性があり、染み抜き方法はそれぞれ異なります。水性の場合は染みの部分を水で濡らしてから上にペーパータオルを置いて、染みが浮き上がるのを待つだけです。この方法で染み抜きができないようなら、染みに石鹸水を塗ってからペーパータオルに汚れを移していきましょう。油性ボールペンの場合は、消毒用エタノールか除光液を使用します。まずは衣類の下にあて布を敷き、インクに消毒用エタノールか除光液を垂らして、別のタオルで軽く叩きましょう。あて布にインクが移ったら、あて布をずらして同じ作業を繰り返します。インクが目立たなくなったら、固形石鹸か弱アルカリ性洗剤で染みの部分を洗って、洗濯をします。油性インクを完全に染み抜きするのは難しいですが、この方法でかなりきれいになるでしょう。洗濯後は、ボールペンに破損はないか、ほかの衣類にも染みが移っていないかを必ず確認してください。
詳しくは、「ボールペンのインクが染みに!洗濯後の染み抜き方法とは」をご参照ください。

頑固な油染み!洗濯前の染み抜きで撃退


日常でもっともなじみ深いのが、油汚れです。ソースやマヨネーズなどの食品系油汚れから、自転車や車など機械油の汚れなど、油の種類もいろいろ。洗濯ではなかなか落ちない汚れです。食品の油汚れは、乾いた布やティッシュで表面の汚れをきれいに拭き取るようにしましょう。最初から濡れた布で拭いてしまうと、汚れが広がってしまうので要注意です。そのあと汚れ部分を水で濡らして中性洗剤を垂らし、歯ブラシで優しくこすって染み抜きをしましょう。機械油は食品油に比べて落ちにくい性質があります。そのため、クレンジングオイルで油を浮き上がらせ、クレンジングオイルの乳化作用で洗い流すのがおすすめです。まずは、中性洗剤を染みの部分に付けて歯ブラシでなじませます。次に、クレンジングオイルを染みの上に重ねてなじませてから、40度のお湯できれいにすすぎ流してください。きれいに染み抜きができたら、ほかの洗濯物と一緒に洗濯をして終わりです。
詳しくは、「頑固な油汚れ!洗濯前に染み抜きをしてみよう」をご参照ください。

べったりと色鮮やかな絵の具… 洗濯前の染み抜きが大切

洗濯の時に発見してしまった!汚れ別の染み抜き方法まとめ
小学校の図画工作の時間によく使われる水彩絵の具。水彩というとすぐに落とせそうなイメージですが、絵の具が衣服に付いてしまうとなかなか落ちません。絵の具の原料は顔料とメディウムという展色剤。メディウムとは紙に絵の具を塗ったとき、色落ちしないように固着させるための原料です。衣類に付いた絵の具が落としにくいのもメディウムが原因です。まず洗濯では染みは消えません。しっかり染み抜きをするには、酸素系漂白剤に浸け置きすること。これで落ちない場合は、アルコールを吹き付けた染みの上に、重曹と食器用中性洗剤を混ぜ合わせた物を塗ってトントン叩きます。このあとに熱いお湯で洗い流すと、だいぶきれいに染み抜きができるでしょう。これでもまだ染み抜きできない場合は、液体クレンザーを染みに塗りつけてから歯ブラシでこすります。これで染みが取れれば、普通に洗濯をして完了です。液体クレンザーには研磨剤が入っているので、染み抜きできるのは丈夫な素材の衣服だけであることを覚えておきましょう。
詳しくは、「洗濯前に実践!絵の具の汚れを取る染み抜きの方法とは」をご参照ください。

意外と付いてしまいやすい錆び!洗濯前の染み抜き方法

日常生活で衣類に付着しやすいのは赤錆です。鉄が酸素と水分に反応すると、表面から錆びていきます。子どもの洋服に錆が付くのは、ブランコや鉄棒など錆びている遊具で遊んでいるとき。大人の洋服に錆が付くのは、時計やネックレス、ブレスレットなどの装飾品が錆びてしまった場合に多いです。錆は洗濯しても落ちませんので、染み抜きが必要です。錆の染み抜きに向いているのは、酸性の溶剤。ドラッグストアで簡単に購入できるクエン酸を、40度のお湯に適量溶かせばOKです。錆が付着している部分を浸けて染み抜きをします。もし、クエン酸が家にないなら、酢と中性洗剤を混ぜ合わせた溶剤を錆部分に塗って汚れを落とします。歯ブラシで軽くこすると、汚れが落としやすくなります。ぬるま湯で洗い流して、染みが落ちているようなら洗濯機に入れて洗濯をしましょう。ちなみに、錆の染み抜きができるのは、水洗い可能な衣服のみです。水洗い不可の衣服は染み抜きもできませんので、クリーニングに出すようにしましょう。
詳しくは、「衣服に付いた錆びを取りたい!洗濯前の染み抜きの方法とは」をご参照ください。

一度付くとなかなか落ちない!洗濯前の血液の染み抜き方法とは


血液凝固因子のタンパク質である血液は、時間が経てば経つほど落ちにくくなります。血液が付着したばかりの頃は水で洗い流すことができます。しかし、こすり洗いをせずに洗濯機に入れても、血液はすべて落ちません。まず、表面の血液を乾いたティッシュペーパーで拭き取り、汚れの面積が広がらないようにしましょう。次に、水で絞ったタオルで血液の染みをトントン叩き、染みを薄くしていきます。これで染みが落ちれば、普通に洗濯してもOKです。染みが残ってしまうようなら、液体タイプの酸素系漂白剤で染み抜きを行います。漂白剤にアンモニア水を数滴足すと、さらに染み抜き効果が高まるのでおすすめです。同じ漂白剤でも、塩素系や還元型は刺激が強く、色柄物には使用できません。また、漂白剤を使用する際は、必ず洗濯表示をチェックして、自宅で水洗いできるかどうかを確認しましょう。自宅洗い不可なら、洗濯も染み抜きもできません。信頼できるクリーニング店に出して、染み抜きをしてもらいましょう。
詳しくは、「衣服に血液が付いてしまった!洗濯前の染み抜き方法とは」をご参照ください。

襟元は目立つ!洗濯前に実践したい染み抜きとは

首元にぴったりと密着している時間が多く、皮脂や汗が付きやすい襟元は、毎日洗濯をしていても染みになりやすい部分です。最初は黄ばみ汚れだったのが、時間の経過で黄ばみが濃くなり、段々黒ずみへと変化していきます。黄ばみの正体は皮脂です。きれいに洗濯をしているつもりでも襟元の皮脂が落ちていないのが原因。黄ばみがどんどん溜まっていくとホコリやチリを吸着するようになり、黒ずみになります。襟元の染み抜きは食器用中性洗剤を使うのが効果的。染みの部分に中性洗剤を垂らしたら、歯ブラシでこすって汚れを落としてください。中性洗剤で落ちない場合は、乾いたワイシャツの襟にクレンジングオイルを垂らしてもみ洗いをするのがおすすめです。シェービング剤でも代用できます。染み抜きができたら、ほかの衣類と一緒に洗濯をすればOKです。きれいになった襟元は、ベビーパウダーを塗布したり専用の襟用シートを装着したりして、襟に皮脂汚れが付くのを防ぐと良いでしょう。
詳しくは、「汚れやすい襟!洗濯前の染み抜きで頑固な汚れを落とす」をご参照ください。

頑固な染み汚れ!中でも困ってしまう染みのタイプとは?

洗濯ではなかなか落ちない染み。複数ある染みのうち、付着すると一番困るのはどのタイプの染みでしょうか?

【質問】
次の内、洋服に付着すると困ってしまう染み汚れはどれですか?

【回答結果】
ボールペンのインク:32
血液:24
襟元の染み:18
油:13
錆び:8
絵の具:5

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2018年01月05日~2018年01月12日
有効回答数:100サンプル

やっかいなのはボールペンのインクによる染み!


アンケートの結果、付着すると困る染みは、1位がボールペンのインク、2位が血液、3位が襟元の染みという結果になりました。

・ボールペンのインクは自宅で取れたことがないです。必ずうっすら残ってしまうので困っています。油や絵の具、その他のものは大体取ることができています。うっすら残った場合も諦めが付くのですが、ボールペンのインクは少ししか付いていないのに服そのものが着られなくなるので一番困る汚れです。(男性/正社員/40代)

ボールペンと答えた人は、落ちにくくてすぐに染みになってしまうので困るという人が多いようです。

・血液が付着した場合は、乾燥する前に洗い落とさないと必ず染みになるためです。切り傷などから知らぬ間に出血していて衣類やタオルに付いてしまっていることがあります。(男性/個人事業主・フリーランス/40代)

血液と答えた人は、付着したことに気づかない場合も多く、気づいたときには固着しているケースが多いとのことでした。

・夏場など、襟元の汚れが落ちにくく困ります。汗と皮脂汚れでクリーニングに出しても、黄色く変色した状態のままです。(女性/個人事業主・フリーランス/60代)

襟元は目立つ場所なので、だらしなく見えて困るとのことです。

どの回答でも、染み抜きの難しさに困っている人が大半のようですね。

汚れに合わせた染み抜きで綺麗な洋服を復活させよう!

染み抜きは、染みの種類によって使う溶剤や染み抜きの方法を変える必要があります。洗濯をしただけでは落ちないケースが多いため、正しい染み抜き方法を知ることが何より大切。染みが消えないからと洋服を捨ててしまうのはもったいないことです。完全に消えないタイプの染みもありますが、目立たないくらい薄くすることはできます。ぜひ、染み抜きの方法を覚えて、お気に入りの洋服を長く着られるようにしましょう。

清潔で安心!環境にも優しいmammaciao(マンマチャオ)のコインランドリーはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント