コインランドリー・洗濯の情報サイト

洗濯物はコインランドリーで乾燥!相場はいくら?

Pocket

毎日の洗濯で最も困ることのひとつは洗濯物の乾燥ではないでしょうか。外干しは晴れた昼間限定になってしまいがちですし、部屋干しでは洗濯物がなかなか乾いてくれません。毛布や布団などの大物を洗ったときには、どんなに天気の良い日でも乾燥に時間がかかります。なかには自宅に乾燥機があるという人もいるかもしれませんが、その場合も電気代が気になりますよね。

そこでおすすめなのがコインランドリーです。コインランドリーの乾燥機はパワーが強く、手早くしっかりと洗濯物を乾かせます。ここではコインランドリーの乾燥機の料金相場やお得な使い方などについて解説します。

大物洗いは乾燥が大変!みんなはどうしている?

洗濯物のなかでも毛布や布団といった大物は洗うのはもちろん乾燥させるのも大変です。実際のところ、みなさんは大物を洗濯した際乾燥についてはどうしているのでしょうか。全国の男女を対象にアンケート調査を実施してみました。

【質問】

自宅で毛布や布団を洗濯した場合、乾かす際はどのようにしていますか?

【回答結果】

自宅で乾かす : 80

コインランドリーを利用する : 20

調査地域:全国

調査対象:年齢不問・男女

調査期間:2017年10月19日~2017年10月26日

有効回答数:100サンプル

自宅派のほうが優勢?でもコインランドリーならではのメリットも!

調査をとったところ、自宅で干すという人が全体の8割に上ることがわかりました。ここでは、まず多数派である自宅で乾かす派の意見を紹介します。

・晴れの日なら朝から干していれば乾かせるので、自宅で乾かす(35才/男性/正社員)

・天気の良い日に干すようにしています。(22才/女性/学生)

天気の良い日なら自宅で干そうと考える傾向があるのかもしれませんね。一方、コインランドリー派の意見についてはどうでしょうか。

・最初は自宅で乾かそうと思っていたのですが、コインランドリーだと早くてふっくらするので。(46才/女性/個人事業主・フリーランス)

・大きすぎて、たぶん自宅の洗濯乾燥機では無理だろうなと思うからです。(35才/女性/正社員)

完了までが早い、大物も乾燥させやすいといった自宅洗濯にはないメリットを感じている人が多いようです。

大物も自宅で洗濯・乾燥させる人が多いということがわかった今回のアンケート調査ですが、コインランドリー派の意見を聞く限りコインランドリーもかなり魅力的ですよね。特に天気や時間帯になく洗濯物を乾かせるのは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

乾燥機はガスと電気の2種類!どう違う?

乾燥機にはガス式と電気式という2タイプの製品があります。ほとんどのコインランドリーではガス式の乾燥機が採用されていますが、家庭用の乾燥機の大半は設置が簡単な電気式です。

ガス式の乾燥機には、電気式より乾燥スピードが3倍くらい速い、高温のため殺菌・ダニ退治にも有効といった電気式の乾燥機にはないメリットがあります。

もしコインランドリーで乾燥機を利用するのであればガス式がおすすめです。乾燥時間も短くて済むので利用料金の節約になります。ただし、コインランドリーだからといってすべての店舗にガス式の乾燥機があるとは限りません。なかには電気式の乾燥機を置いているコインランドリーもあります。事前にコインランドリーに置いてある乾燥機のタイプをチェックして、なるべくガス式の乾燥機のあるお店を利用するようにしましょう。

洗濯物が乾くまでの時間はどれくらい?

コインランドリーの乾燥機を使う最大のメリットのひとつは早く洗濯物を乾かせることです。普段使いの衣類はもちろんのこと、布団や毛布などの大物も自宅で自然乾燥させたときと比べて格段に早く乾かせます。コインランドリーの乾燥機を使って大物を乾燥させた場合の乾燥時間は、冬用毛布1枚で30分~40分、羽毛布団1枚で60分~90分が目安です。洗濯から乾燥まで終わらせたとしても1時間~3時間くらいです。大物というと洗濯が大変な印象があるかもしれませんが、コインランドリーを使えば手軽に丸洗いできます。しかも殺菌されるので清潔です。

さらに時間や天候に左右されずに済むのもありがたい点です。昼間に洗濯の時間が取れない、天気が悪くて外干しができないというときでもしっかりと洗濯物を乾燥させられます。

乾燥機の利用料金は安い?相場はどれくらい?

料金の面でもコインランドリーの乾燥機はお得です。布団などの大物はクリーニングに出しているという人もいるかもしれませんが、一般的にクリーニング店の料金設定は割高です。たとえば、毛布1枚あたりをクリーニングに出した場合の料金相場は600円~2,000円程度。コインランドリーよりかなり高くなります。シルク製など扱いが難しい製品以外であればコインランドリーで洗濯から乾燥まで終わらせてしまうのがおすすめです。

ちなみにコインランドリーの乾燥機代の相場は14kgタイプなら10分で100円、25kgタイプなら8分で100円が目安です。容量については12 kg~14kgタイプでシングルの羽毛布団・こたつ布団1枚、厚手の毛布なら2枚が目安です。22 kg~25 kgタイプであればダブルサイズの羽毛布団1枚、シングルの羽毛布団やこたつ布団なら2枚、厚手毛布なら4枚くらいは入ってしまいます。特に大物を複数洗いたいという人であればクリーニング店を利用するより洗濯代をかなり節約できますよ。

コインランドリーの乾燥機をお得に使うコツ!

乾燥機は何分いくらの料金設定になっているため、短時間で乾けば乾くほどお得になります。ここでは乾燥機で早く安く洗濯物を乾かすコツを3つ紹介します。

1つ目のコツは、ドラムの容量に余裕をもたせることです。乾燥機の適正量はドラムの3分の1程度が目安といわれています。ドラムの容量に余裕を持たせないと洗濯物に熱が伝わりづらく、乾きにくくなってしまいます。乾燥機への詰め込みすぎには気をつけましょう。

2つ目のコツは洗濯物と一緒に乾いたタオルを乾燥機に入れることです。タオルが他の衣類の水分も吸収してくれるため、入れないときと比べて早く乾燥できます。

3つ目のコツは上段の乾燥機を使うことです。コインランドリーには上下2段式の乾燥機が置いてあることがありますが、そのとき上段の乾燥機を使ったほうが早く乾きます。上下二段式の乾燥機は排気ダクトが共通しており、上段の乾燥機には下段の乾燥機から熱気が上ってきます。したがって上段の乾燥機を使うと予熱がある状態で乾燥をスタートできる可能性が高いのです。

コインランドリーを上手に使いこなそう!

コインランドリーの乾燥機はパワーが強力な分だけ洗濯物が早く乾きます。また、料金についてもクリーニング店に出すよりもずっと経済的です。しかも除菌やダニ退治もできるので清潔ですし、洗濯物に嫌な匂いもつきません。「洗濯は基本自宅で」という人も乾燥機だけはコインランドリーを利用してみてもよいかもしれませんね。

いつでも素早く洗濯・乾燥ができるのがコインランドリーの魅力。上手に使いこなして毎日を快適に過ごしましょう。
関連記事:「コインランドリーの料金相場はどれくらい?お得に便利に活用しよう!

全国に店舗を展開するコインランドリーのmammaciao(マンマチャオ)とは?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー