コインランドリー・洗濯の情報サイト

洗濯したのにどうして臭う?洗濯物の臭いの原因を徹底調査!

洗濯したのにどうして臭う?洗濯物の臭いの原因を徹底調査!
Pocket

洗濯したての衣類やタオル。「洗い立ての洗濯物は洗剤や柔軟剤がほのかに香り、触感ふわふわ」のはずが、使用したときの生乾きの臭いに驚いてしまった経験がある人も多いでしょう。洗濯をしたのにもかかわらず、洗濯物から生乾きの臭いがしてしまうのはなぜなのでしょうか。今回は、洗濯物から生乾きの臭いがしてしまう原因を徹底解説します。

洗濯物の嫌な臭いに悩まされている人はどれくらい?

洗濯したのにどうして臭う?洗濯物の臭いの原因を徹底調査!
洗ったばかりの洗濯物からなぜか発生する嫌な臭い。洗濯物から嫌な臭いがしてしまうと、気分までブルーになってしまう人もいます。また、嫌な洗濯物の臭いは消臭スプレーなどで対処することが難しく、悩んでしまう人もいるようです。今回は、洗濯物の嫌な臭いに悩まされている人はどれくらいいるのかアンケートをとってみました。

【質問】
洗濯したあとに洗濯物の不快な臭いに悩んだことはありますか?

【回答結果】
ある : 82
ない : 18

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年12月12日~2017年12月19日
有効回答数:100サンプル

洗濯物の嫌な臭いを不快に思った経験がある人は8割以上

洗濯したのにどうして臭う?洗濯物の臭いの原因を徹底調査!
調査の結果、洗濯物の嫌な臭いが気になった経験があると回答した人は100人中82人と8割にも上ることが分かりました。まず、得票数が多かった「ある」を支持する人の意見をご紹介しましょう。

・柔軟剤を入れすぎてしまって、良い香りにするつもりが逆に不快な臭いになってしまって悩んだことがあります。(30代/男性/正社員)
・基本的に年中部屋干しなので、梅雨時や、部屋の湿度が高い時に臭いが気になります。(30代/女性/正社員)

「ある」と回答した人の中には、「部屋干しをすると生乾きの臭いが気になる」と答える人もいました。嫌な臭いを取るために柔軟剤や洗剤をたくさん入れる人も多いようです。
次に、「ない」と回答した人の意見をご紹介します。

・汚れや汗など気になることがあるときは下洗いしているためかない。(60代/女性/個人事業主・フリーランス)
・消臭効果があり、ほんのり香りのする洗剤を使用しているので、洗濯物の臭いで不快に思ったことはありません。(50代/女性/パート・アルバイト)

「ない」と回答した人の中には、洗い方や使用する洗剤などを工夫しているという意見も多くありました。洗濯の前に下洗いをしておくと嫌な臭いの発生を抑えやすいようです。

今回の調査から、洗濯物の嫌な臭いに悩む人は多いことが分かりました。特に、梅雨時期や部屋干しなどのシチュエーションでは洗濯物から嫌な臭いが発生しやすくなります。気になる洗濯物の嫌な臭いが発生する原因はどこにあるのでしょうか。

洗濯物の嫌な臭いは細菌が原因になっていることが多い!

洗濯したのにどうして臭う?洗濯物の臭いの原因を徹底調査!
洗いたての衣類やタオルから嫌な臭いがしてしまいがっかりした経験を持つ人は多いようです。生乾きの嫌な臭いの原因は「線維の中で雑菌が繁殖していること」にあります。雑菌は、人の皮脂などを餌に繁殖します。着用した衣類や生乾きの状態のタオルなどを通気性が悪い容器の中に入れ長時間放置したり、洗濯物を濡れた状態で放置したりした場合に乾いた後も嫌な臭いが残るケースが多いです。また、お風呂の残り湯を使って洗濯をする場合は生乾きの臭いが発生しやすいといえます。お風呂の残り湯には人の体に付着していた菌やカビなどがたくさんいます。お風呂の残り湯を洗濯に使うことで、お湯の中にあるカビや雑菌が洗濯物に付着するのです。もともと洗濯物に付着していた雑菌などもいるため、さらに悪臭がひどくなってしまうことも考えられます。お風呂の残り湯を使って洗濯をする際にも、すすぎは新しい水を使うことをおすすめします。そうすることで雑菌やカビ菌が流れていき悪臭の発生を予防できます。

洗濯機の汚れが臭いの原因のことも…

毎日洗濯をする際に使っている洗濯機は、実はカビや雑菌が繁殖しやすい環境です。まず、雑菌やカビが発生しやすい原因として「洗濯機内の通気性の悪さ」が挙げられます。洗濯をした後の洗濯機の中は、濡れており温度も高い状態であるケースが多いです。洗濯機内では湿気が発生しやすい条件が揃っており、カビが大量に発生しやすいといえます。洗濯機の中で発生したカビ菌は洗濯物にも付着します。衣服やタオルを清潔に保つために洗濯をしていても、洗濯機内のカビが洗濯物に移ってしまっては本末転倒です。洗濯槽内でカビが発生している場合は、洗濯物に黒い点が付着したり何度洗濯しても生乾きの臭いが取れなかったりなどのトラブルが起こりやすくなります。洗濯機の中がカビ臭いのは、洗濯槽内でカビが繁殖している証拠です。洗濯槽用のカビ除去薬を使用するなどしてしっかりと除菌を行いましょう。また、洗濯機を使用していないときはフタを開けっ放しにするなど洗濯機の中の湿度を下げる工夫を行うことも大切です。洗濯が終わったら速やかに洗濯物を取り出し、フタを空けて洗濯機内を換気するようにしましょう。

臭いが気になるからって洗剤を入れすぎていない?

「洗濯物の生乾きの臭いが気になるから洗剤は多めに使う」という人も中にはいるようです。しかし、洗剤を多く入れすぎてしまうことによって生乾きの臭いが悪化してしまうケースもあります。洗剤や柔軟剤を使用することで、洗濯物に付着した油性・水性の汚れが分解され、すすぎの際には綺麗に流れていきます。一方、洗濯物に対し多量の洗剤や柔軟剤を入れてしまうとすすぎのときに流れきりません。石鹸カスとなって洗濯物や洗濯機内に滞留します。石鹸カスは雑菌の温床となるため、生乾きの臭いが発生しやすくなるのです。生乾きの臭いを抑えるためには、洗濯物の量に合った洗剤・柔軟剤を使用することがポイント。「しっかりと汚れや臭いを落としたい」と考え、洗剤や柔軟剤を多めに入れる際にはすすぎを2回にするなど洗濯物や洗濯機内に石鹸カスが残らないような工夫をしましょう。また、抗菌タイプの洗剤や柔軟剤を使用してみるのもおすすめです。洗濯をする際に重曹や酢を使用することで、生乾きの臭いを予防することもできます。すすぎの前に重曹や酢を加えたぬるま湯(または水)に付けると、雑菌の繁殖を抑制する効果が期待できます。

臭い対策をしっかりして嫌な臭いを撲滅!

洗濯物の嫌な臭いの原因は「雑菌」にあります。嫌な臭いを取り除くためには、洗濯物の中で菌が繁殖するのを防ぐことが1つのポイントです。洗濯をする前は雑菌の繁殖を抑制できる湿度の低い場所で洗濯物を保管し、洗い上がりの臭いが気になる際には煮沸殺菌や漂白剤での殺菌などを実践してみるのも良いでしょう。
関連記事:「洗濯したはずなのに… 洗濯物から嫌な臭いが出てしまう原因とは

清潔で安心!環境にも優しいmammaciao(マンマチャオ)のコインランドリーはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント