コインランドリー・洗濯の情報サイト

型崩れを防いでいつまでもきれい!知っておきたい下着の干し方

型崩れを防いでいつまでもきれい!知っておきたい下着の干し方
Pocket

下着と一口に言ってもいろいろなアイテムがあり、パーツごとにさまざまな素材が使われています。そのため、洗い方だけでなく干し方にも注意が必要です。装飾が施された女性用の下着に限らず、男性用の下着も干し方を間違えると型崩れの心配があります。干し方次第で仕上がりに大きな差が出るので、アイテムごとに正しい干し方を覚えおきましょう。この記事では、男性用、女性用それぞれのアイテム別に正しい下着の干し方を解説します。

一般的な下着の干し方ってどういう方法?

型崩れを防いでいつまでもきれい!知っておきたい下着の干し方
まずは、どのような下着の干し方が一般的なのか、アンケートをとって調べてみました。

洗濯ばさみやピンチハンガーを使う人が多数派

・インナーは普通のハンガーで、靴下は先端を、トランクスはゴムの辺りを、折りたたみハンガーに留めて干しています。(40代/正社員/男性)
・それぞれ専用のネットに入れて、乾燥機を使用して高温で長めに一気に乾かしています。下着の色をあまり汚れが目立たない色で統一するとまとめて洗えるので便利です。(30代/個人事業主・フリーランス/女性)
・ブラは、紐が滑らないように掛けるところがあるハンガーに紐をかけて干します。ショーツは洗濯ばさみがいくつもぶら下がった物干しにウエスト部分の両脇を挟んで干します。(40代/専業主婦(主夫)/女性)
・どの下着も普通の衣服と同じように、物干し竿に干している。生地が傷むので、洗濯バサミは使わず、そのまま干している。(20代/無職/女性)
・上部分はふつうにハンガーを使って干しています。パンツ系はサイド部分を洗濯ばさみではさんで、つるして干しています。(50代/専業主婦(主夫)/男性)
・普通の洗濯掛けのハサミの部分に、ブラは紐部分、パンツは横の部分を挟んで干している。(30代/専業主婦(主夫)/女性)

【質問】
普段の洗濯で下着はどのような干し方をしていますか?

【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年12月12日~2017年12月19日
有効回答数:100サンプル

今回のアンケートでは、シャツやキャミソールなどは普通の衣服と同様の干し方をしている人が目立ちました。一方、パンツやショーツ、ブラジャーなどはピンチハンガーや洗濯ばさみを使って干しているという人がほとんどです。数カ所留めて吊り下げる干し方ですが、どこを挟むかは人によってかなり異なっていることがわかりました。生地が傷むから洗濯ばさみは使わないという人や、乾燥機を使って乾かすという人もいます。人によって干し方がまちまちなことから、正しい下着の干し方はあまり知られていない様子がうかがえました。では、正しい下着の干し方をアイテム別に見ていきましょう。

ブラジャーの正しい干し方って?

下着の中でも特に機能性が重視されるのがブラジャーです。ワイヤーや立体裁断などで身体のラインを美しく見せる工夫がされています。ですから、できるだけ機能性を損なわないよう干すことが大事です。型崩れを防ぐためにも、脱水したらすぐに干すことを心掛けましょう。特に、洗濯機で脱水したときは型崩れしやすいので要注意です。干す前には軽く型直しするようにします。縦横に軽く引っ張って元の形に戻しましょう。ただし、レースの部分は引っ張ると傷みやすいので、両手で挟んで押すようにして伸ばします。下着は着用状態に近い形で干すのが基本ですが、ブラジャーだけは別です。上下をひっくり返して干します。ストラップをピンチでつまんだり、ハンガーにかけたりして干すとピンポイントで生地に負担がかかるのでやめましょう。カップのすぐ下のあたりがもっとも伸びにくいため、中央とカップの下2カ所をピンチで留めるようにして干すのがおすすめです。素材によっては直射日光に当てると黄ばんだり色があせたりすることがあります。日陰に干すのが基本ですが、風通しのよい場所を選んで干すようにしましょう。

パンツやショーツはどうやって干すの?

パンツやショーツのゴムを傷めないように、上下をひっくり返したり、物干し竿にかけたりして干す人もいるようです。しかし、下着メーカーなどは、ゴム側をピンチで挟む干し方を推奨しています。それは、上下を逆にすると、ゴムの部分に水が溜まり、乾くのに時間がかかるからです。ゴムは濡れている時間が長いと劣化しやすくなります。ゴムの劣化を避けるためにも、ゴム側を上にして早く乾くようにするのが基本です。女性用の下着は生地が薄手なので、ウエスト部分を2カ所留めるだけで干せます。しかし、男性用は両端の2カ所だけではなく、複数のピンチを使って立体的に干すのがおすすめです。中央に空気の通り道ができ早く乾くので、ゴムの劣化も防げます。なお、ゴムの部分をピンチで挟むときには、ゴムを伸ばしすぎないように注意しましょう。濡れているゴムは乾いているときよりも強度が弱まっています。伸ばして干すと元に戻りにくくなるので要注意です。また、男性用のパンツは、前の部分が重なっているので、他の部分よりも乾くのに時間がかかります。裏返して干すと早く乾くのでおすすめです。

シャツやキャミソールは何を使って干す?

型崩れを防いでいつまでもきれい!知っておきたい下着の干し方
アンケートでは、シャツやキャミソールは普通の服と同じようにハンガーを使って干すという人が目立ちました。しかし、着ている形でハンガーに干すと肩の部分が伸びやすいのであまりおすすめできません。一方、上下を逆にして裾をピンチで留めると、洗濯物の重みで縦に伸びてしまいます。実は、シャツやキャミソールは、ハンガーや物干し竿を使い、タオルを干すように掛けて干すのが正しい干し方です。縦に伸びてしまわないように、身頃の中央部分を掛けるようにします。ただし、生地の重なっている部分が多いと乾くのに時間がかかります。ロープや細いハンガーに掛けるよりも、ある程度太さがあるハンガーか物干し竿に掛けた方がよいでしょう。袖が長いシャツは、袖もハンガーや物干し竿に掛かっているか確認が必要です。袖が下がったままになると、袖口に水が溜まり重くなるので、型崩れしやすくなります。せっかく正しい干し方を覚えても、細かい部分の注意が欠けてしまうと、結果は間違った干し方をしているのと同じことになってしまいます。袖の部分もハンガーや物干し竿に掛かるように、バランスをとって干すようにしましょう。

下着は見せない干し方をするのがマナー

下着は本来外から見えないように着るものです。ですから、洗濯のときにもできるだけ外からは見えないように干しましょう。他人の目に触れにくいように干すというのも大事なマナーのひとつです。下着の干し方に気をつけることで、下着の劣化を防げるのはもちろん、周りの人を不快にさせることも防げます。直接肌に触れる下着を毎日気持ちよく着るためにも、正しい干し方を覚えましょう。そして、実際に正しく干せるようになることが大事です。
関連記事:「もしかして洗濯の方法が間違っているかも!正しい下着の洗い方教えます

清潔で安心!環境にも優しいmammaciao(マンマチャオ)のコインランドリーはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント