コインランドリー・洗濯の情報サイト

コインランドリーで布団を洗う!かかる時間はどのくらいが普通?

Pocket

みなさんはどうやって布団を洗っていますか?自宅の洗濯機を使ったり浴槽で踏み洗いしたりするのは大変ですし、だからと言ってクリーニング店に持っていくのはちょっと割高に感じられますよね。そこでおすすめなのが、コインランドリーで布団を洗うことです。「布団を持って行って自分で色々セットするのは大変そう…」と思う方もいるかもしれませんが、布団を洗うときの手順や所要時間だけ押さえておけばとっても簡単ですし、費用も安く済みますよ。そこで今回は、布団をコインランドリーで洗うときの具体的な手順や、洗濯・乾燥にかかる目安時間などについて詳しくお話します。

コインランドリーで布団を洗う!具体的な手順は?

シャツや肌着などの一般的な衣類だと、洗濯槽に洗濯物を入れてスタートボタンを押すだけですが、布団を洗うときは何点か気をつけたい手順があります。
まずは、洗濯機の容量を確認するということです。コインランドリーの洗濯機は、洗濯できる容量によって料金が異なり、容量が大きければ大きくなるほど料金が高くなるのが一般的です。そこで少しでも節約するために、布団がギリギリ入るサイズの機種を選んでしまう方も少なくありません。しかし、そうすると洗濯槽内に少しの水しか入らなくなってしまい、すすぎがしっかり行われずに汚れや洗剤が残ってしまう可能性があります。そのためにも洗濯機を選ぶときは、布団が洗濯槽の3分の2程度に収まるサイズのものを選びましょう。適切な大きさの洗濯機を選んだら、洗濯槽に入れやすいよう、布団を3つ折りに畳んで洗濯機に入れます。もし布団生地の傷みが心配であれば、布団専用の洗濯ネットに入れると生地を守ることができるのでおすすめですよ。
洗濯機のドアを閉めたら、指定された料金分のお金を入れて洗濯スタートです。コインランドリーの店舗や洗濯機の大きさによって料金は異なりますが、洗濯容量23kgで1,000円前後が相場です。洗濯が終わったら乾燥機に移して乾燥スタートしますが、布団が捻じれたまま乾燥すると、布団の中の綿や羽毛などが寄ってしまったり、ぐちゃぐちゃになってしまったりするので、きちんと捻じれた状態をほぐして、ある程度整えてから乾燥機に入れましょう。乾燥が終わったら、布団の熱や湿気を取るために自宅で物干し竿にかけるなどして布団を休ませます。自宅に帰ってすぐ押入れにいれてしまうと、押し入れの中に熱と湿気がこもってしまい、他の布団にもカビなどが発生する可能性があるので、忘れず行うようにしましょう。

布団にかかる洗濯時間と乾燥時間の目安は?


コインランドリーで布団を洗濯させるときに気になるのが「どれくらい時間がかかるのか」ですよね。まず洗濯の場合は30分~40分程度かかります。洗濯であれば、一度洗濯機の中に布団を入れてしまえば、あとは機械任せにできるので洗濯の合間に買い物を済ませることもできますね。
コインランドリーに設置されている乾燥機のほとんどが、ある程度料金体系が決まっている洗濯機と異なり「100円で何分稼動する」というように、投入した料金に応じて稼働時間が変わるタイプで、相場は100円あたり8分~10分ほどです。もしもコインランドリーで洗濯した当日に布団を使う予定がなく、数日間自宅で乾かす予定の方であれば、短時間だけコインランドリーの乾燥機にかけて、あとは自宅の物干しで乾かすという方法もできるでしょう。しかし、当日のうちに布団を使いたいという方など、コインランドリーでしっかり乾燥させたいという方は、布団がどれくらいで乾くか押さえておく必要がありますね。
布団は素材や種類によって、乾燥時間が大きく異なります。まず、ポリエステルやアクリルがメインで使われている毛布は比較的乾きやすいため、30分程度乾燥機にかけるだけで乾かすことができます。冬用の厚手毛布1枚であれば40分程度、羽毛布団は60~70分程度かかります。また、布団乾燥する際は、乾燥の途中で布団を裏返すひと手間かける必要があります。それは両面をしっかり乾かすだけでなく、布団内部の綿や羽毛などの偏りを防ぐためです。たとえば、厚手の毛布であれば約20分、羽毛布団の場合は約30分経過したころに裏返すといいでしょう。
乾燥機から出したばかりのときは、布団に熱気がこもっているため乾燥したように感じるかもしれませんが、表面だけが乾燥して内部が湿気ていることもあるので、しっかり確認するようにしましょう。

布団の洗濯と乾燥!利用者が実際にかけている時間は?


それではコインランドリーで布団を洗濯、また乾燥させている方は、普段どれくらいの時間をかけているのでしょうか。アンケートを取ってみたので、詳しく見てみましょう。

しっかり2時間乾燥派も!?多くの人が1時間近く乾燥機にかけて生乾き対策

・洗濯には30分くらい、乾燥には、乾きすぎて困ることもないので、たっぷり1時間弱かけます。(30代/女性/専業主婦)
・1時間から2時間くらい。しっかり乾かさないと、後で湿ってくるので乾燥には時間をかける(40代/女性/専業主婦)
・生地も厚いので1時間くらいかけて乾燥機にかけます。(20代/女性/派遣社員)
・布団の洗濯に30分、乾燥に10分としている。布団が完全に乾燥しないが、ベランダで乾かす事が前提で、車が濡れないように最低限の乾燥を行っている。(40代/男性/正社員)
・一般的な洗濯物に比べて、しっかりと乾燥させたいと思います。そこで、少し長めに30分を目安に調整したいです。(40代/男性/正社員)

【質問】
コインランドリーでの布団の洗濯と乾燥にはどれくらいの時間をかけますか?

【調査結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 学生 専業主婦(主夫) 正社員 派遣社員 経営者
調査期間:2017年07月13日~2017年07月20日
有効回答数:100サンプル

回答を見てみると、生乾きの状態だと臭いや湿気が気になるため、1時間ほど乾燥機にかけるという方が優勢でしたが、短時間で済ませる方も見受けられました。短時間派の詳しい意見を見てみると、自宅で干すため短時間で構わないなどというように、節約のために短時間乾燥にしている方もいました。しっかり乾燥させる派の方は、1時間から2時間近く乾燥させる方もいましたが、そのあいだに買い物を済ませるなどして時間を有効活用させているようです。

布団の種類や機械によってまちまち!乾ききるまで乾燥させること

これまで布団の洗濯方法や、乾燥機にかける時間などを説明してきましたが、布団は種類によって乾燥させる時間が異なりますし、コインランドリーの乾燥機の機械によっても乾燥時間は違います。説明した時間はあくまでも目安なので、特に自宅で乾燥させずに即日布団を使う方は快適に布団を使うためにも、きちんと布団内部が乾くまでしっかり乾燥機にかけるように気をつけましょう。
関連記事:「気軽に安く布団が洗える!?コインランドリーで布団を洗う方法とポイントまとめ

全国に店舗を展開するコインランドリーのmammaciao(マンマチャオ)とは?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー