コインランドリー・洗濯の情報サイト

コインランドリーでのカーペットの入れ方!コツやポイントは?

Pocket

足音の軽減や床冷え遮断のために、リビングや書斎などにカーペットを敷いている家庭は多いでしょう。しかし、食べカスや髪の毛など、カーペットには私たちが思っているよりもずっと多くのごみが落ちており、フローリングとカーペットのあいだには湿気がこもっていることもあります。ダニが増える原因にもなるのでこまめに洗いたいところですが、カーペットを自宅で洗うのはなかなか難しいですよね。そこでおすすめなのが、コインランドリーで丸洗いすることです。この記事ではカーペットの入れ方やポイントについて詳しく解説します。

カーペットを洗濯乾燥機に入れるには?入れ方のコツ


カーペットがコインランドリーで洗えるとはいえ、普段コインランドリーを利用しない方にとってみると本当に洗濯機で洗えるのか不安ですよね。コインランドリーによっては設置されている洗濯機や乾燥機のサイズは異なりますが、なかには布団も丸洗いできるくらいの大型洗濯乾燥機がある店舗もあるので、カーペットを洗うときは大型洗濯乾燥機があるところを探しましょう。
しかし、いざカーペットが入るサイズの洗濯機を見つけても、適当にカーペットを洗濯漕に押し込むだけではカーペットの汚れを十分に落とすことができないので注意しましょう。まず気を付けたいポイントの1つ目は、カーペットをくしゃくしゃの状態ではなく、屏風たたみにして大きめのネットに入れてから洗濯機に入れるということです。くしゃくしゃの状態でまとめずに洗濯機に入れてしまうと、洗濯機が稼働中に重さのバランスが崩れて、機械が止まってしまうおそれがあります。また、屏風たたみにすることで、カーペットにまんべんなく洗剤が行き届きやすくなるので、入れ方には注意しましょう。
二つ目の注意点は、大きめの洗濯乾燥機にカーペットのみを入れ、ほかの洗濯物は一切入れないようにするということです。コインランドリーは洗濯機のサイズが大きくなればなるほど料金が高くなるので、大きめの洗濯機を使う際は「もったいないから、カーペットだけでなくほかの洗濯物も一緒に洗おう」と思ってしまう人もいるかもしれませんね。しかし、カーペットだけでなく衣類なども洗濯してしまうと、衣類にカーペットの色が移ってしてしまう可能性があるだけでなく、汚れも十分に落ちにくくなってしまいますし、乾燥も十分できなくなってしまいます。色移りや生乾きによる嫌な臭いがしてしまうと、また別々に洗濯しなければならなくなり、結局料金と手間が2倍3倍に増えてしまいます。こうならないためにも、カーペットは最初から一枚だけで洗うと割り切って洗濯しましょう。

お役立ち!カーペットのためのコインランドリー使用のポイント

コインランドリーでカーペットをきれいに、かつ早く仕上げるためには、気を付けたいポイントが3点あります。1点目は、カーペットをコインランドリーへ持っていく前に、自宅でしっかりと掃除機をかけて、カーペットのホコリや汚れをある程度落としておくということです。事前に少しでも汚れを落としておくことで、コインランドリーで洗濯する際により洗剤がカーペットに行き届きやすくなるので、しつこい汚れやしみついた臭いも取れやすくなりますよ。
2点目は、最低でも30分以上はカーペットを乾燥機にかけるということです。カーペットをコインランドリーで洗う方のなかには、ダニ退治が目的の方もいるでしょう。ここで気を付けたいのが、ダニは水洗いや洗剤が入った液体で長時間洗ったとしても、生きていられるほど生命力がとても強い生き物だということです。そのため、いくらコインランドリーで何回カーペットを洗濯しても、洗濯だけではダニをしっかり除去することはできません。ダニの弱点は、50℃~60℃以上の高温で30分乾燥させることなので、洗濯後はコインランドリーの乾燥機で30分以上乾燥機にかけましょう。カーペットの大きさによって乾燥時間は異なりますが、およそ40分~50分ほどなので、30分乾燥させたあとは、10分(100円分)ごとに乾き具合を確かめて調節するといいでしょう。
3点目は乾燥時間を短縮させる節約技で、カーペットと乾いたタオルと一緒に乾燥機に入れるという方法です。こちらは乾燥機と洗濯機が一体型になっているものには使えない技ですが、独立乾燥機を使う場合、カーペットを乾燥機に移し入れるときに乾いたタオルも一緒に入れて回すことで、カーペットの水分が乾いたバスタオルに分散されるため、早く乾かすことができるのです。

利用者直伝!コインランドリーでカーペットを洗う時のテクニック


最後に、みなさんはコインランドリーでカーペットを洗う際にどのような点に注意しているのかアンケート調査を行ってみました。それでは詳しく結果を見てみましょう。

少しでもきれいにしたい…事前にカーペットの汚れを落とす人が多数!

・ひもで結んでまとめて入れる(30代/女性/正社員)
・汚れが目立つ部分を外側にし、屏風たたみにしてドラムに入れます。(40代/女性/専業主婦)
・特に気になる汚れには、あらかじめ液体洗剤を染み込ませてから洗うとかなり落ちます。(30代/女性/契約社員)
・特に工夫はしていないけど、他の物とは一緒に洗わないようにする。(40代/男性/個人事業主・フリーランス)
・特に何もしていないです。洗う前にはゴミを取ったりはしますが、洗うのは機械任せです。(30代/女性/専業主婦)

【質問】
コインランドリーでカーペットを洗う際、工夫していることは何ですか?

【調査結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 学生 専業主婦(主夫) 正社員 派遣社員 経営者
調査期間:2017年07月13日~2017年07月20日
有効回答数:100サンプル

皆さんのコメントを見てみると、事前に細かいごみを払ったり洗剤をしみこませておいたりなどと、カーペットの汚れを取りやすくするために、自宅で対策をしていくという方が多く見られました。また、洗濯機が稼働中にバランスが崩れて止まらないようにとっている対策としては、先ほどご紹介した屏風たたみをされる方もいれば、ドラムにカーペットをぴったりくっつける方や、カーペットをひもで結んでいる方もおり、方法は人によって実にさまざまなようです。一方で「特に意識していることはない」という意見も一定数いました。人によってはカーペットを自分で洗うのはハードルが高いかもしれませんが、それほど入れ方を工夫したり意識したりしなくても大きな失敗はないのかもしれませんね。

難しいことじゃない!カーペットの入れ方は簡単!

カーペットは布団と同じくらいかさばりますし、持ち運ぶのが大変なので、コインランドリーの洗濯機に本当に入るのか心配かもしれませんが、入れ方のポイントを押さえると簡単にコインランドリーの洗濯機に入れることができます。しかも、1時間と乾燥機にかけなくとも乾かすことができるので、即日使えてとても便利ですね。特に小さなお子さんがいる家庭は、カーペットの清潔さが気になるところですし、季節の変わり目などにコインランドリーでこまめに洗濯してみてはいかがでしょうか。
関連記事:「カーペットはどう洗えばいい?コインランドリーを活用して手軽に安くきれいにしよう!

全国に店舗を展開するコインランドリーのmammaciao(マンマチャオ)とは?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー